材料の形が見える食べ物

おかずを買ってくるときや、外食をするときに
気をつけていることがあります。

できるだけ、材料の形が見える食べ物を食べる、ことです。

たとえば、ハンバーグ。いくら原材料表示がしてあっても、
ハンバーグに使われている材料の形は見えません。
ショウガ焼き、豚肉の形が見えてます。
こういうとき、私は、
できるだけ、形の見える方を選ぼう、とこころがけています。
自分が、何をどれだけ食べたかが、わかりやすいからです。

魚の切り身の塩焼きなんかは、そのまま形が見えていますけど、
白身魚のフライ、になると、中身の大きさはわかりません。
ハンバーグも白身魚のフライも大好きなので、
おいしく食べるけれども、
ハンバーグ100g=お肉100gではないこと、
白身魚のフライ80g=魚80gではないこと、
を知っておくのは大事だなと思います。
[PR]
by memetam | 2006-03-06 08:59 | 安全に食べる


<< 海苔のお吸いもの お吸い物の基本形 煮びたしの応用 親子丼ぶり >>