鶏とお茄子(なす)といんげん

鶏とじゃがいものたいたの、の材料をちょっと変えてみましょう。
味の作り方は同じです。一部コピペで作ってますので、不要なら
読み飛ばしてください。

組み立て<かつおだし+みりん+薄口醤油
       または+みりん+お砂糖+薄口+濃口

材料
鶏の小間切れ
お茄子
いんげん

みりん
薄口醤油
または、みりん+お砂糖、薄口+濃口

作り方
お鍋に水を入れて煮立たせます。かつをぶしをひとつかみ入れます。
あとで、鶏からもだしがでるので、おつゆのときみたいに、多く入れなくても
だいじょうぶです。だからといって、省略すると、味が全然ちがいます。
なにげないおかずなのにかつおぶしと鶏と両方のダブルのだし、
これがこのお料理のぜいたくなところです。

煮たってきたら、少し煮て、火を止め、かつおぶしを取り出します。
お箸でつまんで出せばいいですよ。出したかつおぶしは捨てずにとっておきます。
かつおぶしの含んでいるだしも軽く押さえて、お鍋の方に入れてしまいましょう。

お鍋をもう一回火にかけて、鶏の小間切れを入れます。
そこに、みりんをカレーのスプーンで2杯ぐらい入れます。
そのまましばらく加熱。
味を見て、ほんのり甘いぐらい。

お茄子を入れます。お茄子をタテに半分に切って、
それに少し切れ目を入れます。お料理やさんにいくと
1ミリぐらいの切れ目が入っていることもありますが、
それは板前さんに任せて、ざくざくと切れ目を入れます。
余裕があるときは、丁寧にするのも楽しいですよ。
できあがりが全然ちがいます。
お茄子が大きいかったら、横に二つに切ります。

お茄子を入れて、しばらく煮ます。
味を見て、甘くなかったら、みりんをちょっと足してください。
さて、ほんのり甘い状態のところへ、薄口醤油を入れます。
カレーのスプーンで1杯入れて、あとは、味を見ながら追加してください。
薄口醤油は入れすぎると、なんともなりませんので、慣れないうちはぜひ慎重に。
慣れたら、瓶から入れても平気なぐらいになりますよ。
で、半分に入れたインゲンを入れます。

お茄子がしなっとなって、インゲンに火が通ったらできあがりです。
インゲンは、火が通るときれいな緑色になりますが、その後、
また、退色していきます。
退色してしまっても、お口にやさしくなっておいしいです。

味を確認したら、火をとめます。
あんまり味がぼんやりしているようなら、
普通のお醤油をほんのちょっと、スパイスだと思って加えてください。
お茄子とインゲンに、みりんと薄口醤油だと、
薄味すぎると思われるようなら、
みりんの後に、お砂糖を少し、
薄口醤油のあとに普通のお醤油(濃口)を少し入れてください。

できました。

たまねぎを入れてもおいしいですよ。
[PR]
by memetam | 2006-03-18 08:12 | 煮物2  薄味系


<< がんもとたけのこと絹さや 鶏とじゃがいものたいたの >>