とろろのすりいれ汁

とろろいも(やまといもなど)をお吸い物の中に
すりいれたおつゆです。
とろろ汁をていねいに作っている余裕がないけど
とろろ汁を味わいたいなというときにいいです。

お吸い物の基本形作りの部分は、
海苔のお吸い物のコピペがほとんどです。

材料<

ダシ かつおぶし
塩・薄口醤油

おなべに水を入れて、煮立てます。
水の量のめやすは、おわんの数だけ水を入れて、
(二杯ならおわんにお水二杯)
あとおわん半分ぐらい追加します。追加の分は蒸発する分と、
だしに吸われる分です。

煮立ったら、かつおぶしを手でひとつかみ、入れます。
かつおぶしの量が、だしの味の決め手です。
もったいないと思わずに、がさっと入れましょう。

わーっと煮立ってきたら、しばらくおいて火を止めます。
かつおぶしは、取り出します。

味付けをしましょう。
塩で70%ぐらい味をつけて、足りない分を薄口醤油で補います。
塩をひとつまみ、入れて味をみます。

今回のポイントはここからです。
薄口醤油を基本のお吸い物の味付けより、やや濃いめにします。
あとで、とろろいもを入れるからです。

生のとろろいもの皮を剥いて
おろし金ですって、そのままおつゆの中に入れます。
ぐるぐるまわすようにするとこまかくできます。
このままでも食べられないことはないですが、
とろろいものすりおろし方がアバウトですので、
ざらつき感がでます。そこで、ちょっとこのまま火にかけて
あっためて味を見ます。

とろろ風味のおつゆができました。

もみのりをかけて食べてみてください。
トッピングになにかないと、ちょっと、ぼやっとした感じになります。


お吸い物の基本形ができました。
[PR]
by memetam | 2006-03-22 08:02 | おつゆ ダシの世界へ


<< 煮魚について 桜ごはん >>