塩鮭を焼く

甘塩の塩鮭を焼いてみましょう。
干物や塩鮭は、塩で魚の身がしまっているので、
焼きやすいです。

材料<
甘塩さけの切り身

基本のやり方<
ガスに魚焼きの網を乗せて
ガンガン加熱。
中火に戻して
それから魚をのせます。

作り方<
塩鮭を乗せて焼きます。
最初、切り身の表側(細い腹側を右に置く)になるように置いて焼きます。
つまり、裏側を先に焼きます。

よく、おもてになる側を最初に焼くと書いてありますが、
失敗するとかっこわるくなるのと、
最初に箸を付ける方があついほうが
いいかなと思って、逆にしています。

お魚は、ちょこちょこ裏返しているとくずれてしまうので、
ひっくり返すのは一回だけ、裏が焼いたら、おもてを焼いて
それで、お皿に取ります。

できました。
皮の部分もおいしいですから、
こんがり焼いて残らずいただきましょう。

大根おろし、酢醤油などでもおいしくいただけます。
つけあわせはミョウガを刻んだのが合うと思います。

もし、残ったら、ほぐして
ご飯の上に乗せ、青じそやゴマを追加すると
しゃけご飯になります。
翌日のお弁当にどうですか?

しゃけ、というのは、東京の言葉かもしれません。
小さいころは、使いませんでした。
[PR]
by memetam | 2006-06-22 08:54 | 焼き物2 魚


<< 大根の葉のじゃことごま 白うりの塩もみ >>