手順

手順も大切です。

ごはん(お米から)
おつゆ(だいこんのおみそしる)
にもの(おくらとなすとあつあげ)
いりたまご

こんなメニューのときは、こんな風に作っています。

1 ごはん
お米を炊くときに、お水の代わりにポットのお湯を入れて
それでスイッチON。早炊きモードにします。

2 おつゆ
なべにこんぶを入れて火にかけます。

☆ 煮立つまでのあいだに、だいこんや煮物用のあつあげ、
  なすなどを切っておきます。
  早く作りたいので、だいこんは細く切るか、薄く切るか。
  あつあげやなすはごろっと切っても大丈夫です。
  オクラは洗うだけ。
  いちばん最初に切るのはだいこんです。

煮立ったらかつおぶしを入れてだしをとります。
かつおとこんぶを引き揚げたら、
切っただいこんを入れて中火にかけておきます。

3 厚揚げとオクラとなすの煮物
すくいあげたおつゆのだしは、煮物のだしに流用。
鍋に少しだけ水を入れて、すくいあげた昆布とかつをを入れて
加熱。しばらくしたら、昆布とかつををひきあげて、
みりんとお醤油を半々に入れ、
なす、あつあげの順に入れて中火。
 火のとおりやすさを考えて、材料をセレクトしています。

4 おつゆ
 だいこんが煮えたら、お味噌を入れて、味をととのえたらすぐ火を消します。
 このへんが小技です。お味噌は、煮立ちバナが香りがいいので、
 煮立たせないでまっておいてます。
 細かいことをいえば、お味噌を入れたらすぐ火を切って、
 お味噌で温度が下がったところでとめておくといいと思います。

5 いりたまご
 たまごを割ったら、かきまぜて、
 最初に、煮物のおつゆをお鍋からスプーンでちょっと拝借。
 あんまりたくさんいれると、茄子の味がでてしまうのでちょっと。
 すこし混ぜてから、お砂糖とお醤油で味をととのえます。

6 ごはんがそろそろ炊けてくるころです。
  炊きあがりを確認。炊きあがったら、かきまぜます。

 煮物に火が通っていることを確認。オッケーなら、
 最後にオクラをそのまま入れて、一瞬加熱。
 火をとめてフタのままおいておきます。
 おはしとお茶碗とお椀とお皿と2枚用意。

7 煮物を盛りつけます。
  おみそしるの再加熱開始。 
  となりで炒り卵を作ります。
   バターかごま油でささっと。

  おみそしるが煮立ったら火をとめて、
  まず、できた炒り卵を盛りつけ。
  おみそしるを盛りつけ。
  さて、最後にご飯をつけて、できあがり。

  このあたりで、いつも、いくつか思いつきます。
  ご飯の用意がほぼできて、脳が解放されるせいでしょう。
  「あ、炒り卵に海苔」とか、「しおからあったな」とか
  「緑黄色野菜が少ないから、水菜をお汁にいれたらよかった」とかです。
  あわてて、修正したり、いろいろ小物をだしたりして、
  ごはんがはじまります。

  


   
 
[PR]
by memetam | 2006-07-27 10:21 | とりあえずやってみる


<< 「素麺つゆ」のアミューズ 麺のゆで方 >>