おなすのたいたの

おなすを薄味でたいたものです。
冷やして食べてもおいしいです。

材料<
おなす
かつおぶし
みりん
薄口醤油

作り方<
お鍋の底から2cmぐらい水を入れて煮立てます。
かつおぶしをひとつかみほうりこんで、
そのまま、軽く煮て、火を止めます。

おなすはタテ半分に切って
ななめに包丁で切り込みを入れます。
いそいでいるときは、1cmぐらいの間隔で、
ざくざくざくと入れてもいいし、
ていねいにしたいときは、
2mmぐらいの間隔で、
料理屋さんのマネをするつもりで
切り込みを全体に入れます。

おなべのかつおぶしを取り出して
みりんをちょっと入れます。
どのくらいちょっとかというと
ほんのり甘くなるぐらい。

火をつけて
お茄子を皮の方を上にして入れて
そのまま少し煮ます。
そこに、薄口醤油を入れて味見。

うまくいっていたらそのまま、
ふたを少しずらして
ほほえむ程度の火加減。
あんまりぐつぐつも言わず、
表面がしずかすぎるわけでもなく、
というポイントがほほえむ程度。

途中でふたを開けてみると
あんまり煮えていないように見えますが、
まあ、5分ちょっとぐらい煮た後、
火を止めてしまいます。

しばらくしてみると、
おなすにだしがしみこんで
火を止めたときより、しんなりとしています。

あたためなおしてもいいですけれど、
夏だから、
そのままいただいてもいいですし、
だいたい冷めたら
冷蔵庫で冷やして食べてもおいしいです。

冷やすと少し味が薄く感じます。

あついご飯に冷たいおかず、
というのも夏にはいいです。

できました。

青いものが欲しいときは、
ししとうをちょっと入れるといいかもしれません。
[PR]
by memetam | 2007-06-09 17:17 | 煮物2  薄味系


<< しらすのせご飯 きゅうりの塩もみ αβγθ… >>