カテゴリ:いためもの( 6 )

鶏皮とピーマンのいためもの スープ付き

鶏皮は安くてよくダシのでる素材です。
100g 50円ぐらい。
鶏皮は、生のままでは小さく切りにくいので
ゆでて、ついでにスープを作って、
あとでピーマンと炒めます。

材料<
鶏皮
ピーマン
青菜(なんでも)
あればナンプラー
しょうが

濃口醤油
みりんかおさとう

作り方<
小さいお鍋に水を、
スープに必要な量プラス蒸発分、入れて
火にかけます。
鶏皮を入れます。
鶏皮の量とのバランスを見て、
ダシがうすくならないようにするといいですね。
もし、鶏皮がほんのちょっとだったら、
中華スープを足すか、かつおぶしを足してくださいね。

泡が出て来たら、すくってすてて、
鶏皮に火が通ったら(まるまるってなったら)
火を止めて鶏皮をお皿にとりだします。
少しさまさないと切れないので、
その間に、スープに塩とナンプラー入れて
味をととのえておきましょう。

で、鶏皮を適当な大きさに切ります。
火が一旦通っているので、まな板の上に置いてもだいじょうぶです。
ピーマンは細く、めんどければ適当に、切っておきます。

鍋にゴマ油を入れて、ショウガのかけらを一個入れて、
そこに鶏皮を入れます。
火が通っているので、ささっと炒めて
ピーマンを入れます。
みりんを大さじ2杯ぐらい、または、お砂糖をその半分。
お醤油を同じぐらいいれて、
じゅうじゅうしたら、できあがりです。

スープは、ほうれん草でも青梗菜でも入れて
さっと煮立ててください。

できました

ご飯をお皿によそって
鶏皮ピーマンをかけてもいいし、
ふつうのご飯セットにして
ちょっと足りないから目玉焼き、
なんていう手もあるし、
のりの佃煮とか、
ふりかけなんかも登場してもいいし、
結構、ごちそうになるでしょう?
[PR]
by memetam | 2006-08-07 19:14 | いためもの

豆苗いため

豆苗(とうみょう)1パック100円ぐらいですね。
いためて緑の野菜を食べましょう。

材料<
豆苗1パック
塩 いい塩がいいです。
ニンニク うすぎり
とうがらし(たかのつめ)
 なければ、一味か、豆板醤すこし
ごま油
片栗粉 

ほかのおかずを全部作ったあとに
つくります。

作り方<
豆苗はパックのねもとのところから
切り取って洗っておきます。
半分にカットしてもいいです。
豆がはいらないようにします。

パックに残った豆の部分は、
そのまま、おいておくと、芽がでてきて
水をとりかえて、ちゃんと管理できれば、
もう一回同じ分量ぐらい食べられますよ。

さて、鍋に、
ごま油を入れて、弱火。弱火です。
たかのつめ、ニンニクを入れ、
香りがうつったら、

塩を油の中に入れます。

豆苗も空心菜も、塩かげんがむずかしい。
薄目よりはやや濃いめ。
豆苗1パックだと、きもち多めのひとつまみというところです。
鍋をゆらして、油に塩を溶きます。一瞬ね。

中華なキモチになって、
火を充分強くし、豆苗をばさっと入れ、
色が変わったらできあがり。
もし、水気が少しでてきたら、
片栗粉をほんのすこし、パラパラっと振り入れて
水気を集めてしまいます。

できあがり。

豆苗の水切りをちゃんとして
火が強くて、手早くできると、水気は出ないと思います。

空心菜でも、ほうれん草でも、
小松菜でも、同じやり方でいいと思います。
できたら、すぐたべるとおいしいです。
[PR]
by memetam | 2006-08-07 09:03 | いためもの

大根の葉のじゃことごま

大根に葉っぱがついていたら、
イッツオーライ!
すぐいたむので、葉のところだけ切り取って
レジ袋に入れて冷蔵庫で保管します。
繊維がきついので、細かく切ってつかいます。

材料<
大根の葉
ごま
じゃこ(ちりめんじゃこでもしらすぼしでも)
ごま油

大根の葉を洗って、細かく切ります。
フライパンにごま油を入れて
ゴマを入れ、そこに大根の葉をどさっと入れます。
強火でどんどん炒め、ちりめんじゃこをどさっと入れます。

味をみて、塩とお醤油で調整。
ご飯の上にのせて食べたり、ご飯に混ぜ込んだりするとおいしいです。
[PR]
by memetam | 2006-07-06 08:00 | いためもの

キャベツ、どうしよっか。

キャベツのいためもの

1 カレーキャベツ
キャベツも芯に近くなってくると、
味もいまひとつ甘みに欠けるので、
カレールーで味をつけてしまいましょう。

材料<
キャベツの残り
カレールー 1ブロックか2ブロック

鍋に少しだけ水を入れ、ざくざく切ったキャベツを入れます。
フタをして、蒸し煮にし、しんなりしたら、
カレールーを入れて、溶かします。
できたのですが、
ちょっとここで、クミンシードを入れると、
少しインドぽくなり、ゆでたジャガイモとグリンピースを入れると、
インド風いためものに近くなってきます。

2 すずやのキャベツのようなもの
トンカツ茶漬けのすずやのキャベツをマネしたものです。
キャベツをものすごく細く切ります。
むりなら、できる範囲で。

ゴマ油でキャベツを炒め、
ゴマをたっぷり入れて、
お醤油で味をつけます。
ちょっと、すずやのキャベツとは違いますね。
できたのですが、
ここに、ちょっとツナ缶を混ぜたり、
夏なら、シシトウを小さく切って一緒に炒めたりすると、
小鉢になりそうな感じじゃないですか?

3 バターキャベツ
外の方の葉っぱでやりたいところです。
鍋にほんの少しだけ水を入れて、
バターを入れます。3×1センチぐらい。
キャベツを適当にちぎっていれます。
フタをして蒸し煮にします。
キャベツのしんなり具合はお好みで。
で、できたのですが、
少し、ベーコンのはじっこでも入れると、いいかな、
こしょう、しょうゆ、ナンプラーなどを
どれかちょっと加えると、
ぜんぜん違った世界になります。
[PR]
by memetam | 2006-05-25 10:17 | いためもの

野菜炒めに片栗粉

野菜炒めをします。

組み合わせはいろいろですが、
1 小松菜、にんにく、七味
2 キャベツ、ハム、クレソン
3 もやし、ターサイ、イカ
4 豚肉、キャベツ、ニラ

以上の組み合わせの共通点はなんだと思いますか?
緑色の野菜が入っていることです。
キャベツともやしだけでは、緑色が足りません。
ぜひ、なにか、入れてみてください。

上は全部、ごま油で炒めます。
炒めて、塩とお醤油でもかけてみてください。
うんと上手にすれば別ですが、
たぶん、途中で水分が出てきます。
そのまま食べると水分と野菜が別々になって
ちょっとさびしいので、
片栗粉をぱらぱらっと粉のまま振ってください。
水分が片栗粉でとろっとして、野菜にからまって
おいしくなります。
[PR]
by memetam | 2006-02-06 21:16 | いためもの

炒め物の手順

炒め物の手順は以下の通りです。

step1 フライパンを加熱する。
step2 油かバターを入れる。
step3 材料を火が通りにくいものから順番に入れる。
 火が通りにくいかどうかは、材料の性質と切り方によります。
step4 味をつける、です。

step1
 加熱したあとにオリーブオイルをいれるものはやさしく、
 バターを入れるものは中ぐらいに、
 ごま油を入れて中華風の炒め物なんてときには強めに加熱します。
 オリーブオイルは温度が高すぎると香りが飛びます。バターは焦げます。
step2
 植物性オイルはなめらかになったとき、バターはかるく泡だったときが、
 材料の入れどきです。マーガリンは加熱して使うと味が変わります。
step3
鶏、肉類、などは先に入れ、きちんと火を通します。
 それ以上炒めたくないときは一旦出しておきます。
 にんじんとじゃがいもが同じ大きさなら、にんじんの方が火が通りにくいです。
 たけのこはゆでてありますが、味が沁みにくいので割と早く入れます。
 ちんげん菜や白菜は、葉と茎とを別ものだと考え、茎を先に入れます。
 ネギも白いところを先に入れます。
 もやしは意外に火が通りにくいので、気をつけます。
 グリーンなものは、基本的に仕上がりに入れます。
 貝類、海老は、すぐ火が通って堅くなるのですが、
 生煮えよりは、火が通りすぎた方が安全です。
step4
 炒めておいて振り入れるもの 塩・胡椒
               塩・胡椒・しょうゆ
               塩・胡椒・ソース
               
               ナンプラー+オイスターソース
               オイスターソース単味
               
 肉や魚には下味をつけておく場合があります。
               塩・胡椒
               しょうゆ
               ナンプラー
               お酒・ショウガ→えびやほたてにいいです。
               
[PR]
by memetam | 2006-01-15 15:36 | いためもの