カテゴリ:はじめに( 8 )

料理のコストパフォーマンス

なんでも安いものを使えば、
コストパフォーマンスが満足されるように思いがちですが、
私は、たまに、うんと高いものを食べます。

たとえば、
100グラム2500円ぐらいの牛肉のヒレステーキ。
それを、家で塩で焼いて食べます。
三年に一回ぐらいです。

すごい贅沢ですが、
無駄遣いとは思わないです。
もし、2500円払って、いいかげんなお店で
いいかげんなステーキを食べたら、
満足感も得られないし、
お金も払わなくてはいけないです。
コストもパフォーマンスもいまいちです。

でもほんとうに自分の気に入った食材だったら、
お金は払わなくてはならないけれども、
満足感は確実に得られます。
コストパフォーマンスはとてもよくなります。

いつもは、市場を探し歩いて
安くていいものを求め、
たまあに、絶対コストパフォーマンスがいいと思える
贅沢をすると、とてもいい気分です。

しかも、たまあに、という最高の贅沢気分もついてきます。
[PR]
by memetam | 2007-09-08 00:45 | はじめに

自分の味を作る

材料の質や大きさ、
調味料のメーカー、お鍋の大きさ、
ガスの火の強さ、季節、
その日の気分、味の好み、
体調。。。。

お料理の味は、いろいろな要素でかわるので、
どれが正しいというよりは、
自分の好きな味を作っていくのが
いちばんいいなあ、と思います。

ひとりで作るときは、
誰にきがねすることなく、
自分の味でいいのだから
ひとりで作ってひとりで食べるご飯は
案外ぜいたくで、だいじな時間なんだなとおもいます。
[PR]
by memetam | 2006-11-26 10:31 | はじめに

基本の食器

おちゃわん
おはし
どんぶり
  いわゆる丼でもいいですが、ラーメンも入れられる、親子丼も入れられるという
  フレキシブルなものが便利です。
マグカップ
  インスタントのスープもコーヒーも飲めます。
お皿
  洋風でもない和風でもない、カレーが入れられるようなもの。
  二枚ぐらい、雰囲気の変わったのがあれば間に合います。
小皿
  佃煮や小さいおかずをいれる、直径5センチぐらいのものが便利です。
コップ
  
 以上、割れてもいいから、陶器のものをおすすめします。
 買うときは、おちゃわんやどんぶりは、カーブの状態、持ったときの重さ、
 などもチェックしておくと、デザインはいいけど食べにくいお椀や、
 ラーメン入れたら重くてしょうがない、というものにあたらなくていいです。

1人用の土鍋というのも、便利なものです。

ひとりでごはんを食べるときにも、パックのままやお鍋のままはできるだけ避けて
ちゃんと食器を配置して食べると、同じものを食べるにも、気持ちが違いますね。

 
[PR]
by memetam | 2006-01-15 10:31 | はじめに

基本のだし

こんぶ    →だし用にカットしてあるもの
かつをぶし  →けずって袋に入れてあるもの。
        さばなどが入った「けずりぶし」とは違うので注意。
にぼし    →袋入り

  和風ダシの素   →「本だし」みたいな名前のついた、天然ぽいもの。
  洋風ダシの素   →「コンソメ」とかいう名前のキューブか顆粒のもの。
  中華ダシの素   →びん入りかキューブのもの。チャーハンにも使えます。

和風ダシはなくてもだいじょうぶですが、面倒くさいときのために念のため。
これだけあれば、普通に食べるものはだいたい作れます。
[PR]
by memetam | 2006-01-15 10:21 | はじめに

基本の調味料

塩       →普通の食卓塩じゃなくて、ミネラルの入ったやつがいいです。
砂糖      →きびざとうを使っています。
醤油(普通の) →丸大豆醤油以上のちゃんとしたもの。
うす口醤油
みりん     →みりん風調味料ではなく、みりん。

みそ

オリーブオイル →サラダ油より、イイ香り。お好みの食用油でいいです。
ごま油
バター

チューブ入りのわさび
チューブ入りのからし

黒胡椒
七味

あとは、ハーブやスパイスなど。
こんな感じで間に合うと思います。

私は近畿の人なので、うす口醤油を使います。
調味料は大事です。多少高くてもしっかりしたものを使うと
料理が上手にできます。買うときに100円高くても
長く使うものですから、大した差にはなりません。
それで、おいしくできるなら、かえって経済的ですね。
調味料の細かいことについては、調味料のカテゴリに入れます。
[PR]
by memetam | 2006-01-12 14:36 | はじめに

基本の道具

ふたのできる両手鍋 1個→少し厚めのものがいいです。
             いろいろつかえます。ご飯も炊けます。
小さめの片手鍋   1個→ゆきひら鍋 おつゆ作ったりする。
フライパン     1個→おすすめは鉄の普通のフライパン。
フライがえし
おたま       
さいばし
手のついたザル     →だしをすくったりします。
大根おろし

これだけあれば、まあ、だいじょうぶ。
必要なら、やかん、ぐらいでしょうか。
フッ素加工のフライパンでもいいんだけども、
鉄分を自然に取り込めるので、鉄のがおすすめです。
買ってすぐ、空でがんがん火にかけて、
あとは、食用油をひいておけばいいです。
[PR]
by memetam | 2006-01-12 14:01 | はじめに

お料理は実験

化学や物理の実験と同じようなものなので、
実験のつもりでやると楽しいです。
味付けの割合や、料理法も、
調味料の割合や手順などの
基本構造をきっちりしていくと簡単です。
食材や調味料の違いなどによる誤差は、
味見で調整します。
[PR]
by memetam | 2006-01-12 08:51 | はじめに

ひとりごはん

ごはんは身体を守るもの、
ごはんはココロをやしなうもの。
「作って」食べれば、お財布も守ってくれます。

ひとりで「作って」食べる人のために
お料理に慣れない人のために
なにかヒントになればなと思ってます。
[PR]
by memetam | 2006-01-11 08:33 | はじめに