カテゴリ:プラスワン( 13 )

鶏だんごとはるさめ

カップのはるさめ、流行っていますね。
家でもはるさめしましょう。

材料<
とりのひきにく
はるさめ
こんぶかかつおのだし
緑の野菜(なのはな、みぶな、みずな、ほうれん草など)

作り方<
とりのひきにくにお塩を入れて、
片栗粉とお水を少し入れて、
だんごにまるめます。
片栗粉をいれないとバラバラになるし、
お水を入れないと、固くなります。

塩だけでなく、お醤油でも、
塩・胡椒でも、ナンプラーでも、
お好みでどうぞ。
ショウガを入れたり、葱を入れたりしてもいいです。
なにも入れないのもまた、とてもシンプルな味でおいしいです。

さて、

はるさめを出してきて、べつの器に水をいれて、
すこしふやかします。(水に入れておく、ということ)
長いようなら、キッチンばさみで適当にカットしておきます。
しなしな、に、ならなくてもいいです。あとで煮るんだし。

お鍋に七分目ほどのお水をいれ、沸かします。
(こんぶをつかうときは、水から入れておきます)
(かつおをつかうときは、沸いてきたらかつおをいれます)
(めんどうなら、和風だし、でも、中華だし、でも)

とりのひきにくをまるめて団子にして、
お鍋にぽんぽん、入れて行きます。
はるさめも入れます。
はるさめはあとでふくらみますから、
たくさん入れると、煮物、に、なるし、
すこしいれれば、スープ、になります。
煮上がってきたら、表面に泡(あく)が出てくるので
おたまですくって、捨てます。

味つけは、いろいろできますが。
塩とうすくちしょうゆ これがいちばん好きです。
塩とナンプラー これもいいです。

+ラー油ちょっと。
辛い調味料いれるなら、ラオカンマかトムヤムペーストかな、
と思います。

で、最後に、緑の野菜を入れます。
ここがポイントです。
自分で作るからこそ、できること。
カップのはるさめには緑の野菜は入ってないですもん。
みずな、みぶな、ほうれん草、
入れたらすぐに火をとめて、食べられます。
菜の花はちょっと時間をおいて。
ちらちら入れても量はかせげません。
どさっといれて、しなしな、にして、
食べてしまいましょう。
ほうれん草は、あくのない、サラダほうれん草が
このケースには合うと思います。

できました。

とりの団子は余ったら、
みりんと醤油をからめたり、
ケチャップ・ソースでおべんとうのおかず、など
いろいろできます。
生でとっておかないで、火を通してから
とっておくと安心です。
[PR]
by memetam | 2007-02-01 08:02 | プラスワン

コンビーフの海苔巻き

母が出かけているとき、父が
こっそり作ってくれた一品。

材料<
コンビーフ
のり(一枚のおおきなやつ)
あったかいご飯

作り方<
コンビーフの缶を開けて
ほぐしてフライパンで炒めます。
コンビーフの脂を溶かしてやる感じで。

のりを平らなお皿の上にのせ、
ご飯を平らにのせ、
手前の方にコンビーフを置いて
手前から向こうに巻きます。

ご飯は多すぎないように
のりの向こう側の端はご飯をのせずに
2センチぐらい残しておきます。

そのまま巻いてもできますけど
心配ならラップを使って。
小さく切ろうとするとこわれるので、
大きめに切って。

作ったらすぐ食べます。
ご飯があったかいうちに、
コンビーフもあったかいうちに。

明治生まれの人が考えたにしては、
モダンでしょ?
雰囲気はスパムむすびです。
[PR]
by memetam | 2006-10-14 08:26 | プラスワン

豆腐の油地獄

暑い上にまた、熱そうなものですね。
冷や奴もおいしいけども、
こんなのは、どうでしょうか。

材料<
お豆腐
ねぎ みじんぎり
しらすぼし、か、さくらえびの干したもの
ごま油

作り方<
お豆腐は冷たいまま切って、
お皿においておきます。
お鍋にごま油を多めに入れて熱します。
しらすぼし、か、さくらえびを入れて
カリッとなったら、
ネギを山盛りどさっと入れます。
それを、お豆腐にじゅううっとかけます。
できました。

おしょうゆちょっとかけて
食べてみてください。
しらすぼしとかさくらえびの
塩分があるので、
塩からくなりすぎないように
気をつけてくださいね。

お豆腐はいたみやすいので、
冷たいまま食べるのは、
買ってきた当日だけにしています。
[PR]
by memetam | 2006-07-23 18:08 | プラスワン

冷茶

おゆのみに、氷を入れて、
そこに濃いお茶を注ぎます。
氷が溶けて量が増えるので、
お茶そのものはほんの少しですけど、
きりっと冷えて、香りも逃げずにおいしいです。
冷えたら、氷をどけていただいてもいいですが、
すぐ飲んでしまうときは、氷が入ったままでもいい感じ。
アイスティーと同じですね。

お茶は冷ますと味が変わるので、
入れたお茶を冷ましておくよりは
ずっとおいしくいただけます。

ペットボトルのお茶は、冷ましても苦くないように
できたから、こんなに普及したんだそうですよ。
最近は、カテキンという苦みの出るものを加えたりして、
なんか、錬金術のようですね。
たまには、普通にお茶を入れて飲むのもいいかもしれません。
お茶は時間を作ってくれる飲み物ですね。
[PR]
by memetam | 2006-07-23 17:52 | プラスワン

山椒の実のおしょうゆ煮

ごまかすといってはなんですが、
あなごやうなぎのお手軽なお値段のものは、
ちょっと、別な香りのほしいことがあります。

商店街をぶらぶらしていると、生の山椒の実を
1パック100円ぐらいで売っているときがあるので、
まとめて買ってきて、お醤油で煮ておきます。

調味料をしっかりしておくと、味がおいしくできますが、
山椒の実のおしょうゆ煮も、あると便利ですよ。

鶏を焼いて、甘辛く味を付けたとき、
うなぎ、あなご、イワシなどの蒲焼きや煮物にも
ちょっと入れるとバランスがとれていいです。
ただし、うんとぴりぴりします。ほんの少しずつ使ってください。

山椒の実のおしょうゆ煮
 
材料<
山椒の実 片手ですくえるぐらいの量
おしょうゆ
みりん

作り方<
山椒の実は軽く洗っておきます。
なべにみりんを底から2ミリぐらい入れ、
同じかちょっと多めの量のお醤油を入れます。
こげないようにお水を少し入れ、
山椒の実を入れて煮ます。
煮汁が半分ぐらいになるまで煮ます。
できあがり。
できたばかりのときは余計、ぴりぴりして、
こんなものが使いものになるのだろうか、
と思うかもしれませんが、さめたら
そのまま、ジャムのびんかなにかに入れて、
とっておいてください。
かなり長い間、調味料のひとつとして
活躍してくれます。
[PR]
by memetam | 2006-07-23 16:23 | プラスワン

白うりの塩もみ

瓜売りが、瓜売りに来て、瓜売らず、
売り売りかえる、瓜売りの声。
なんだが、落語の枕みたいですね、
さて、白うり。

白うりは、一本100円ぐらいで売られています。
あまり、人気商品ではないようですが、
夏のシンプルおかずにぴったりです。

材料<白うり
   塩・酢

白うりの皮をむいて、タテに2つに割り、
種をとります。ここがきゅうりと違うところです。

できるだけ薄く切って、塩を2つまみぐらいふって
もんで、味を見ます。
塩味が足りないようなら、ちょっと追加。
お酢をかけて、ちょっとまぜます。
すごくシンプルな味。

物足りないなあ、という場合は、
青じそ(大葉)を刻んでいれる。
ゆかり(しその葉漬を乾燥させたもの)を振りかける。
梅干しを一個つぶして混ぜる。
しょうがを細く切ったり、すり下ろして混ぜる。
ラー油をかける。

など、のうち、どれかお好みでやってみてください。
冷蔵庫で冷たくしておくと、食べやすいです。
[PR]
by memetam | 2006-06-18 14:23 | プラスワン

おなすのシギ焼き

シギという鳥がいて、
おなすをタテに半分に切ったところが
シギに似ているというので、
そう言う名前になったとききました。

甘味噌をかけて食べるというスタイルもありますが、
もっと簡単なしょうが醤油で。

材料<
なす
しょうが
濃口醤油
ごま油

作り方<
おなすをたてに、厚さ1センチ弱に切ります。
たてに切りにくいといは、輪切りにしましょう。
おはしかフォークで、おなすにぶつぶつと穴をあけておきます。
火の通りをよくするためです。

フライパンを火にかけて、
ごま油を入れます。
おなすは油をとてもよく吸うので、
おなすを入れたら、速攻ひっくり返してください。
そうしないと、片面だけ、油だらけになってしまいます。

で、おなすを入れます。
速攻ひっくり返します。
そのまま、中火で、じうじう焼いていきます。

しょうがをすりおろします。
おしょうゆも用意します。

おなすが焼けたな、と思ったら、
(しなっとなったら)
しょうがとおしょうゆを混ぜたのを
じゅわっっとかけて、
すぐ火を止めます。

できました。

おなすを入れたときに、
おくらを丸のまま、入れておくと
おくらもいっしょに、食べられますね。

夏のおかず。
なんでもないおかずです。
[PR]
by memetam | 2006-06-11 07:19 | プラスワン

ピーマンの丸焼き 和風&洋風

Oh! ダイナミック!
ピーマンを丸焼きにします。
ふと考えると、昔は結構当たり前のことでした。
最近、ピーマンが肉厚になって、大きくなった気がします。
丸焼きに和風も洋風もあるものか、と思われるでしょうが、
下記をごらんください。

1 ピーマンの丸焼き 和風
小ぶりのピーマンでやってみましょう。
魚焼き用の網を熱くして、
ピーマンをのせ、そのまま、加熱します。
ところどころ焦げて、
ピーマンの色がすこし変わってきたら
できあがり。
かつおぶしをかけて、お醤油をかけていただきます。

2 ピーマンの丸焼き 洋風
これは、でかいピーマンまたは、赤や黄色やオレンジの鮮やかな
「パプリカ」と呼ばれているもので、やってみます。
特に、後者は甘みが出てオイシイです。

オーブンレンジを熱くして、ピーマンを入れる。
180とか200℃とかの設定で。
そのまま、加熱。
オリーブオイルをかけて、必要なら塩を少しかけて
いただきます。

どちらも、丸焼きにすることで、ピーマンのエキスが
中にキープされていて、あれれ、と思うおいしさです。

バーベキューの時にも、おすすめです。
[PR]
by memetam | 2006-06-08 13:12 | プラスワン

トマトタンメン

暑いときのさっぱりタンメンです。

材料>
チャーシューの端っこ
レタスの残り
トマト
青菜
生麺(タンメン)のセットか
インスタントのタンメン
ゴマ油

作り方>
6つぐらいに切ったトマトに塩をふっておきます。
中華鍋にゴマ油を入れ、
トマトとレタスを入れて炒めます。
で、取り出しておきます。
チャーシューの残り、青菜を入れて炒めて
水を加えます。
水の量は、袋に書いてあるレシピ+蒸発分です。
沸騰してきたらタンメンセットのスープを
入れて、味を見ます。ナンプラー、ゴマ油、
ラー油、胡椒、花胡椒などで、お好みの味に。

別にゆでた麺を入れて、
トマトとレタスを鍋に戻します。

できました。
トマトは、生っぽい方がおいしいです。
チャーシューはお肉屋さんで売っている、
切り落としのチャーシューがいいですね。
[PR]
by memetam | 2006-05-29 13:07 | プラスワン

干物が余りました、という時

アジでもサバでもカマスでも
サバのみりん干しでも
干物を焼いて食べて、少し余ったときの
オイシイおかずです。

材料<
干物の残り
キュウリ
ミョウガ
ショウガ
青じそ
ポン酢

作り方<
材料書いただけで、どんなものか わかってしまいますね。

干物の残りを手でざっくり裂いて、キュウリやミョウガを
干物と同じぐらいの大きさに切って(たぶん、ここがポイントです)
ショウガの細く刻んだの(または、おろししょうが)や、青じそを
お好みで混ぜて、ポン酢をかけます。
ポン酢がないときは、酢じょうゆ。お酢にお醤油を入れればいいです。
オリーブオイルのいいのがあれば、ちょっと垂らしてもいいかもですね。

夏のおかずですね。
[PR]
by memetam | 2006-05-05 07:10 | プラスワン