カテゴリ:調味料( 3 )

おでんの甘みそ

こんにゃくやさといもをゆでて、
甘みそをつけて食べる、みそおでん。
その甘みそを作ってみましょう。
私は赤みそで作りますが、
赤みそがなければ、白みそでもいいと思います。
ただし、白みそは、甘いの塩からいのといろいろありますから、
味を見ながらかげんするのがいいですね。

材料<
赤みそ
さとう
みりん
かつおだしの余り(あれば)
ゆず(あれば)

作り方<
まず、ちょっとだけ作るか、
多めに作ってとっておくことにするかを決めます。
ちょっとだけのときは、最初のお水が少なく、
多めに作っておくときは、お水が多くなります。
(かつおだしが余っていれば、お水のかわりにつかいます)

小ぶりのお鍋の底から5ミリぐらいのお水を入れて火にかけます。
そこにみりんを入れて、それからお味噌を入れて溶かします。
火をいったん止めておいたほうが焦げなくて無難です。

このとき、お味噌は、みりんとお水と混ぜたときに
とろおりとするぐらい入れます。
カスタードソースとか、チョコレートを溶かしたぐらいの
やわらかい感じです。

味をみます。
お味噌の味によりけりですが、
かなり塩からいと思いますので、
ごく弱火にかけて、
お好みの味になるまで、お砂糖を入れます。

お砂糖がとけて、お好みの味になったら
できあがり。入れすぎたなあと思ったら
お味噌を少しいれて調節します。
ゆずの皮があったら、ちょっと入れると上出来です。

ポイントは焦がさないこと。
心配だと思ったら、火を止める、火からおろす、などしてしまえば、
時間をたっぷりかけてもだいじょうぶですね。

余ったら、他の和え物に使えますし、ビンに入れて
保存しておいても便利です。
[PR]
by memetam | 2008-01-30 16:33 | 調味料

Merry Christmas Mr.HEINZ

冬になると
ビーフシチューやハッシュドビーフなど
デミグラスソースを使う機会が多くなります。
最近ちょっと「デミ」ブームですし。

そこでお世話になるのが、HEINZの
デミグラスソースの缶です。
そのまま使うとハインツ社バレバレの味になるので
ちょっと細工をして使っています。

小細工 その1
シチューなどに入れる前に缶の中身をフライパンにあけて
デミグラスソースを炒める。

小細工 その2
マスタードを混ぜる。

小細工 その3
赤ワインを入れる。

いつも、こっそり支えてくれてありがとう。
Merry Christmas Mr.HEINZ!
[PR]
by memetam | 2007-12-23 22:21 | 調味料

味の混乱と調味料

煮物の味がややこしくなってくるのは、
ややこしい調味料を使ってしまうからではないかなあ、
と思ったりします。

料理用のお酒は塩が入っているので、
味が普通のお酒とは違いますね。
お酒と塩とを一緒に入れるというこんがらがった状態を作ります。

みりん風調味料、というのも
こんがらがるかなあ、と思います。
甘みがかなりきついので、
本みりん、を使っているレシピにみりん風調味料を使うと
違った味になります。

薄口醤油と減塩醤油の混乱。
薄口醤油は、色が薄いだけで、塩分は普通のお醤油より多いです。
減塩醤油は、色はそのままで、塩分が少ないお醤油です。

だしの素
各社味が違うので、混乱してしまいます。
もし、だしが薄いなと思ったら、
かつおぶしをだし袋に入れて、
後からお鍋の端っこに入れるといいと思います。
(追いがつおっていうやり方ですね)
ぜいたくですけど、ほんとにおいしくなります。
[PR]
by memetam | 2006-11-12 08:26 | 調味料