<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

さといもの煮ころがし、のような感じ

さといもがオイシイころとなりました。
オイシイというのは、お値段的にもです。
そこで、さといもシリーズ第一弾として、
「さといもの煮ころがし、のような感じ」

おいもに火が通らない、ということについて
とても心配する人のためのレシピです。

材料<
さといも
おさとう
濃口醤油
かつおぶしの粉かかつおぶし

作り方<
さといもの皮はむかずに
お水でできるだけよく洗います。
お鍋にお水と里芋を入れて
里芋におはしかつまようじが通るようになるまで、
ゆでます。
あんまりゆですぎると、
さといもが崩れてしまいますので気をつけて。

お湯を捨てて、
少し熱いですが、皮をむきます。
さといもが大きいときは、
適当に切ります。

お芋のカドはこのお料理では煮崩れるのが基本ですから、
鋭角があっても平気です。

空のお鍋に
お水を底から3mmぐらい入れて、
お砂糖とお醤油を入れます。
お醤油はあとから足せるので、
甘いなあ、と思う程度にしておきます。
ちょうど、
東京風のみたらしだんごについているたれのような
甘からい味をめざします。
全体の量は、さといもの表面にからむ程度です。

味がだいたい決まったら、
弱火にかけてすぐ
さといもを、がさっといれます。
火にかけてすぐ入れないと
砂糖とお醤油ですから
こげてしまうおそれがあります。
かきまぜて、味をからめます。
そのあと、速攻でかつおぶしをまぶします。
全体にうまくまぶすには、
かつおぶしがこまかいほうがいいですね。

砂糖と醤油の量が多すぎるとからいので
もし、多すぎるかなと心配なら、砂糖とお醤油のたれを
すこし別の容器にとっておいて足せばいいですね。

さて、状態をみて、火を止めます。
砂糖とお醤油のたれがうまくからまっていればいいです。

できました。
さといもの煮ころがし、「のような感じ」なのは、
かつおぶしを直で入れているからです。

カリフォルニアから
彼のお母さんが急に来日し、
日本の家庭料理を食べたい、
と言われたときにもすぐできると思います。
[PR]
by memetam | 2006-09-30 10:22 | 煮物3 濃い味系

「牛乳がない!」というとき

1 パンケーキ(ホットケーキ)を焼くとき
  牛乳がなかったら、
1)ヨーグルトと水
2)オレンジジュース
3)リンゴを一個すりおろす

で、代用しています。
オレンジジュース、いい香りですよ。
たまごは入れてくださいね。
じゃがいも、すりおろすのもいい感じです。
濃すぎるときは、お水を足して調節してくださいね。

2 フレンチトーストを作ろうとしたとき
  牛乳がなかったら

コンソメスープの素をお湯で溶いて
たっぷりパンにかけます。
どんどん吸い込みますよ。
たまごのよくほぐしたのをつけて
焼いてみてください。
さすがにジャムには合わないけど
パセリかけたり、サラダのせたり、
ソーセージつけたりする感じでどうでしょうか。
[PR]
by memetam | 2006-09-24 09:56 | とりあえずやってみる

豚汁

小さいときは、ぶたじる、っていうてました。
今は、とん汁、といいますね。
これから、活躍しますね、寒くなると。

材料<
ぶたこま切れ(または、バラ肉)
にんじん
ごぼう
さといも(またはじゃがいも)
ねぎ(またはたまねぎ)
※材料はぶたにくさえ入っていれば
なんでもいいみたいですね。
だしこぶ

作り方<
おみずを鍋に入れて、だしこぶを入れて火にかけます。
豚肉入れてしまいます。
お料理の本のように、順番に入れたいところですが、
おいも、にんじん、ごぼう、なんでも
水から入れるものはみんなどんどん入れて
柔らかくなるまで、煮てください。
柔らかくなったら、お味噌を入れて
味を見て、
最後にネギを入れてできあがりです。

すごく気楽です。
豚肉と野菜のダシがでて、
どうやって作ってもおいしい。

できました。

これと、ごはん。
のりのつくだに、だけでも、
ごはんになりますね。
買ってきた唐揚げとかあったら、
だいぶ、ごちそうですね。
[PR]
by memetam | 2006-09-20 21:52 | おつゆ ダシの世界へ

大根のおみそ汁 vs おとうふのお味噌汁

どっちがおいしいかという問題ではなく。。。
ポイントを整理してみましょう。

おみそ汁の基本の作り方は、
1 だしをとる
2 材料を入れる
3 おみそをいれる
4 青ものをいれる
ですが、大根とおとうふでは、2と3が逆になります。
だしの種類も、変えたほうがいい場合も多いです。

1 だし
  大根ーにぼし  おとうふーこぶとかつおぶし

2ー3 材料を入れるタイミング
  大根ーおみそをいれる前  おとうふーおみそをいれた後

4 青もの(ねぎやさやえんどうなど)
  おなじ。
   ねぎだけの、おみそ汁は、だし→おみそ→青もので終わりです。

大根やにんじん、かぼちゃ、さつまいも、ごぼう、など
煮えにくい材料は、お味噌を入れる前に、
おとうふやふ、ゆば、わかめなどの
煮えやすいのは、お味噌を入れた後に、
入れるのがスタンダードです。

材料の切り方によって煮えにくさはかわるので、
おなじ大根でもごく細く切って歯ざわりをたのしみたい、
なんていうときには、
おみそのあとでもいいんですね。

つくってみましょう。
1 おみずに煮干しを5、6本
2 そのまま火にかけます。
3 その間に大根を切ります。
  大根の切り方はなんでもいいです。
  どんな切り方でも、煮えるまで、
  待っていればいいだけだから。
4 ひとつ食べてみて、煮えたらお味噌を
  ひとりぶん、カレースプーン一杯に軽くいっぱい。
  入れながら、味を見ます。
5 そのまま加熱。
  湯気があがって、もうちょっとでぼこぼこきそうだ、
  と思ったところで火を止めます。
  ネギのきざんだのを入れるときには、火をとめる直前に。

おとうふのお味噌汁(+ネギ)
1 お鍋に水をいれ、こんぶをいれます。そのまま加熱。
  (この間に、おとうふとネギを切っておきます)
  煮上がって来たら、昆布を出して、かつおぶしを入れます。
  火を少しゆるくしてそのまま1、2分、煮て、
  かつをぶしを取り出します。

2 おとうふの切り方は、なんでもいいです。
  大きくても小さくても、すぐ煮えます。
  切るのがめんどうだったら、秘技もあります(後述)
  ネギは適当に刻んでおきます。
  白い部分が大きすぎると煮えにくいので、そこだけ注意。

3 だしに、お味噌を入れます。あとで、おとうふがきて、
  味がうすまるので、そこだけ気にして味を見ます。

4 おとうふを入れます。
  切るのがめんどうなときは、ティースプーンですくって
  入れればいいです。
  煮上がってくるかなあ、というタイミングでネギを入れます。
  すぐ火をとめます。

できました。
このパターンを使えば、だいたいなんでもオッケーです。
[PR]
by memetam | 2006-09-19 08:24 | おつゆ ダシの世界へ

フライパンでパンを焼く

オーブントースターがないときには
フライパンでパンを焼きましょう。
中華鍋でもできますよ。
(ただしこのやりかたは鉄製のもの。
フッ素加工のものはあまり強く加熱するといたみます)
香ばしくておいしいバター焼きのパン。

食パンでもフランスパンでも。
使えるフライパンや中華鍋におさまるように切ります。

なにもいれずに鍋を熱くして、
なにもつけないパンを入れ、だいたい焼き色がつくまで
ひっくりかえしながらやきます。

そこに、バターを入れて、溶かしてパンに絡めます。
パンをいったんとりだしておいて
バターをいれたらすぐ絡めるのが丁寧なやりかたです。
バターをいれるといい香りといい焼き目がつくので
火をとめます。

できました。
はちみつ、じゃむ、なんでもどうぞ。
おかずも食べてくださいね。
[PR]
by memetam | 2006-09-17 11:13 | とりあえずやってみる

サンマに合うたきこみごはん

私の育った地方では、
味のついたご飯を味ごはんと言って
鶏や野菜をみりんとお醤油で炊いたのを
あとから混ぜていました。

サンマに合うたきこみごはんは、それとは違い、
シンプルでさっぱりした味です。
お米のときに具を入れて、
そのまま炊飯器で炊いてしまいます。
おかずが、サンマでも鶏でも
すき焼き風の煮物でもなんでも合う、
主菜を引き立てるご飯です。
しかも、簡単。

材料<
だしこぶ
にんじん
ごぼう
あぶらあげ
その他 (まいたけ、しいたけ、しめじ。。。)
動物性タンパク質が入っていないのが特徴です。

作り方<
だしこぶのカットしたのを二、三枚、お水につけておきます。
このお水でご飯を炊きます。
にんじん、ごぼうは、できれば<ささがき>に。
めんどうなら、両方とも携帯の巾ぐらいの長さに
細長く切っておいてください。
自分で切る、切ったばかりの野菜。
これがこのご飯の味を作ってくれます。
たぶん、カットして売っている野菜では
同じ味にならないと思います。

ごぼうは、にんじんとは別にして
水につけてあくをとっておきます。
(この水はあとで捨てますから、
こんぶの水とはちがうものです)

あぶらあげも適当に切ります。

お米を3カップはかって
水を切ります。
野菜はまだ、入れません。
まず、こんぶをつけてあったお水だけを
炊飯器の計量のライン(3のライン)まで
入れます。
そこに、薄口醤油をティースプーンで3つ。
(うすあじになります)

野菜をどさっと入れます。
わたしはずぼらなので、
だし用のこんぶも入れてしまいます。
ぬめりがでる心配もあるので、
一枚ぐらいにしておいたらどうでしょうか。

炊飯器のセッティングをして、
炊きます。
できあがったら、混ぜて
こんぶをとりだしてください。
私はずぼらですから(再)
こんぶもまぜて食べてしまいます。
大きいときは、キッチンばさみで切ります。

できました。

最初にこのご飯をしかけておいて
(しかける=セッティングする)
それからおかずを作ると
キッチンタイムが短縮できますね。

こんぶを水に入れる
ごぼうを切って水にいれる

にんじんやあぶらあげを切って
お米を洗っている間に
だしがでたり、あくがとれたりします。
こんぶを一緒に炊き込むとしたら
ごぼうを切るのが一番最初ですね。
[PR]
by memetam | 2006-09-14 07:26 | ごはん

にゅうめん

あったかいそうめんです。

材料<
そうめん
うめぼし
青しそ

みょうが
かつおぶし
塩・薄口醤油

作り方<
かつおだしをとります。
お鍋にお水、加熱してかつおぶしを入れ、
煮立ってきたら、あくをとり、
しばらく中火で煮て、火を止めます。
かつおぶしだけとりだします。
塩で味付け、七割ぐらいの味になったら
薄口醤油をちょっと足します。

そうめんをゆでて
お湯をすてて水にさらして
かつおだしの中に入れて
さっとあたためます。

麩を入れるときは、
水にひたしてしぼった麩をいれておきます。

よく水を切っておかないと
だしがうすくなりますし、
ぐずぐず煮立てていると
のびてしまいます。
ふっとうさせなくてもいいので
そうめんがあたたまればオッケーです。

できました。

みょうがや青じそを散らして
うめぼしで味を調整しながらいただきます。

ちょっと涼しいときにいいですよ。
[PR]
by memetam | 2006-09-07 07:41 |