<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Merry Christmas Mr.HEINZ

冬になると
ビーフシチューやハッシュドビーフなど
デミグラスソースを使う機会が多くなります。
最近ちょっと「デミ」ブームですし。

そこでお世話になるのが、HEINZの
デミグラスソースの缶です。
そのまま使うとハインツ社バレバレの味になるので
ちょっと細工をして使っています。

小細工 その1
シチューなどに入れる前に缶の中身をフライパンにあけて
デミグラスソースを炒める。

小細工 その2
マスタードを混ぜる。

小細工 その3
赤ワインを入れる。

いつも、こっそり支えてくれてありがとう。
Merry Christmas Mr.HEINZ!
[PR]
by memetam | 2007-12-23 22:21 | 調味料

コッコバン

コック・オ・ヴァンという料理です。
鶏のワイン煮。昔、ちょうど、
三十年前、あるフランスの人が家庭で作っていたのを
そのまま覚えて、そのままやっているので、
そのまま書いてみます。
そのとき教えてもらったことも覚えている限り
書いてみます(談のマークがついてます)。
とはいっても、フランス語は
ほんのちょっとしかわからないので、
教えてもらったこともちょっとかもしれません。

材料<
鶏一羽(内臓をとったもの)
しいたけ
にんじん
たまねぎ

赤ワイン

作り方<
鶏を選ぶ
 (談)鶏を選ぶときには、ドラムスティックの部分の骨が
    長いのを選ぶ。ここがいちばんおいしいから。
鶏は全体に塩をまぶしておいておく。
赤ワインを選ぶ
 (談)赤ワインはおいしいものじゃないとだめ。ワインで味が変わってしまうから。

鶏が一羽入る鍋に鶏を入れて
赤ワインを一本注ぎ、
しいたけとにんじんとたまねぎを少し入れて
にんにく少しとエストラゴンを入れて
そのままゆっくり煮る。

あとで、味を見て塩を入れる。
以上終わり。
シンプルです。

教えてくれたフランス人の方は、
コックさんではなく、
そのときはお客だった私たちのために
ごちそうをふるまってくれたのでした。

できあがりは、鶏がワイン色になっていて
くずれるようにやわらかく、
ワインだけでできたソースが
鶏にしゃびしゃびとかかっていて
パンにつけて食べるとおいしかったです。

現在私がやるとすれば、
ワインはコンチャイトロのサンライズの赤 950円ぐらい
鶏はブラジル産の冷凍の丸鶏 400円ぐらいですが、
それでも、3〜4人で食べられるごちそうになります。
[PR]
by memetam | 2007-12-16 11:53 | みんなでたべるとき