さといものオリーブオイルあげ

さといもをどうするか、
悩む季節になりました。

煮物に入れたり、おつゆにいれたりして、
さらに、まださといもがあるときに。

材料<
さといも

オリーブオイル
片栗粉

作り方<
さといもの皮をむいて、
輪切りにします。
揚げ物に使っていいようなオリーブオイルを
お鍋にいれて火にかけておき
さといもに片栗粉をうすーくつけて
あげていきます。
あがったら、ちょっと塩をふって。

できました。

簡単、しかも、さといもが
あっさり食べられます。
[PR]
# by memetam | 2008-10-22 06:02 | 野菜

こげちゃった、というとき

おなべがこげちゃったとき、
おなべの種類と内容物によって
対策がちょっと違います。

今回は、煮物かなにかで、中身がまだいっぱい入っているとき。
例題 肉じゃが

「あ、こげちゃったー」とあわてて中身をかき回すと
こげた匂いが全体にまわってしまいますので、
まず、落ち着いて。
別の鍋に中身の上の方をそっと移します。
このとき、できるだけ、もったいながらずに、
ちょっとでもこげている素材は、検討対象として
もとの鍋に放置しておきます。

移動が終わったら、ちょっとだけ焦げちゃった素材の
こげてる部分だけ除去。
こげてないところだけを別の鍋に移動します。
これで移動作業が完了しました。

ここからの作業は二つにわかれます。
1)移動した素材の再味付けと食べられるようにする作業
2)焦げた鍋の処理
です。

1)移動した素材の再味付けと食べられるようにする作業
食べてみてそのまま食べられるようならオッケーですが、
まだ、しんがあったりして素材に火が通っていないときは、
だし(水じゃなくて)を入れて水分を確保。
(こういう非常事態のときはだしの素でもなんでもオッケー)
さとうを入れて味を見て、そのまま煮ます。
で、お醤油を入れて味を調えてできあがり。
濃いめの味でこげ味をできるだけカバー。

味付けが無理ならカレーに変更です☆

2)焦げた鍋の処理
焦げたところをできるだけこそげとって
お水につけます。
ふやけてきたら、ワイヤータワシでごしごし。
(フッ素加工のものはこの方法ではありません)
どうしてもとれないな、というところまできたら、
火にかけて、どんどん加熱。
焦げた部分がパリパリになってきたら、
火を止めて、お水を入れてワイヤータワシでとりのぞきます。

失敗は成功の母、
なんども焦がした経験を積んだら、
おそうじの方法をブログに書けます☆☆☆
[PR]
# by memetam | 2008-04-23 12:54 | とりあえずやってみる

魚の切り身対策

魚もときどき食べたいなあ、と思ったら。
魚の切り身はどうでしょう?
塩焼きとかはむずかしい、ときの対策。

フライパンを中火にかけて、
油をやや多めに入れます。一ミリぐらい。
買ってきた魚の切り身に
ちょっと塩をふって←ここがポイント
入れます。

そのままキープすると、
片面かりっと焼けてくるので
ひっくりかえします。
そしてそのままキープ。

できました。
ショウガ、葱を載せて、お醤油で食べたり、
わさび醤油で食べたり、結構いけます。

途中、お魚をひっくり返した後に、
ピーマンとか、ほうれん草とか一緒に入れておくと、
野菜も一緒にできあがります。
[PR]
# by memetam | 2008-04-14 15:23 | 焼き物2 魚

野菜炒め対策

野菜炒めをするときに
野菜がうまいこと全体に火が通らないということがあります。
まだ火が通ってないかなーと思って、さらに炒めると
しんなりしすぎてしまうことがありますねー。

その予防対策ですが、
切った野菜を入れるざるとかお皿とかに、
一番最後に入れる火の通りやすいものを最初に入れます。

にんじん
こまつな
たけのこ
キャベツ
豚肉

だったら、
こまつなの青い部分をカットして、ざるへ
こまつなのじくの部分をその上へ
キャベツの葉をその上へ、
たけのこ、にんじん、キャベツの芯は
いちばん上へ載せておきます。
その上へお肉です(のせなくてもいいですけど。。。)

で、ざるの上にのってる材料から
順番に入れていくと、あれこれ探さなくてもいいし
便利です。

火のとおりやすいもの
 青い菜っぱの葉の部分
 キャベツの葉(生でもいいし)

中間
 青菜の軸
 もやし(一見火が通りやすいように見えてちょっと時間要ります)
 イカ、エビなど海鮮

とおりにくいもの
 にんじん(生でも食べられるものですから多少生でも)
 たけのこ(水煮してありますが、味がしみにくいので早めにいれます)

火を通さなくてはいけないもの
 肉類
 ベーコン(ハムはそのままでもいいですけど、ベーコンは加熱)

イカやエビ、貝類は火を通しすぎると硬くなるので、
途中でやばいなーと思ったら、
一旦出しておく、という手もあります。

量が多いときには、塩こしょうは、
途中で一回やって、あとでもう一回味見をしつつすると楽です。

おしょうゆ、ナンプラー、オイスターソースなどは
あとで入れます。
オイスターソースは入れたら
こげない程度にちょっと加熱します。

別の記事にも書きましたが、
じゅるじゅるになったら、
片栗粉に倍量ぐらいの水入れて
少しずつ入れると、じゅるじゅるの野菜のおつゆが
まとまって、おいしいです。
中華のうま煮風になるんですねー。
片栗粉を入れたあとは、すぐに火をとめないで、
弱火で少しそのまま、
じゃがいもでんぷん(片栗粉の成分)が
βからαに変わるまでまってあげてくださいね。

でんぷんはαの方がおいしいです☆☆☆
[PR]
# by memetam | 2008-04-14 15:11 | とりあえずやってみる

ひき肉の用途と取り扱い

ひき肉類はいたみやすいです。
特に鳥のひき肉は、「足が早い」(=すぐ傷む)ので
買ってきたその日に食べましょう。
(特に割り引きになっているものは早く食べましょう)
これから気温が上がってくるのでさらに注意。
食べきらなかったら、味もなにも付けなくていいので、
とりあえず炒めて、火を通してしまいましょう。
レトルトのカレーに入れて食べちゃえばいいしね。

たくさん買いすぎて冷凍するときは、
冷凍用の袋に入れて、平らにして、
カレーのルーや板チョコみたいに、ところどころに
スジを入れておくと、カチカチでも使う分だけ割って使えます。

ひき肉の用途(だいたいですが)
 ハンバーグ    合い挽き肉、牛ひき肉(高いです)
 そぼろ丼     とりひき肉
 麻婆豆腐     豚ひき肉
 ギョーザ     豚ひき肉、鶏でもできます(あっさりするけど)
 ロールキャベツ  とりひき肉、合い挽きなど
 肉団子      豚ひき肉
 アジアンそぼろ  豚ひき肉、とりひき肉
 オムレツ     合い挽き肉
 カレー      合い挽き肉、とりひき肉
 そぼろ肉じゃが  牛ひき肉、豚ひき肉、とりひき肉




 
[PR]
# by memetam | 2008-03-25 09:28 | 安全に食べる

新入生諸君!(えらそうだな。。)

大学生、専門学校生になって、自炊のはじまる方、
お料理がイマイチ得意じゃない方、
まず、失敗の少ない、汁物からはじめると
成功体験ができますよ☆
料理のコツは自分を信じること!
自分の味を信じていきましょう。

大変読みにくいブログではありますが、
(写真もないしね)
とりあえずやってみる、のカテから
ちょこちょこ読んでいただくと、
おばさん料理が大体書いてあります。
こういうものは、どうすればいいのか、など。
なにかありましたら、メッセージなどで
ご質問くださいませ。

自炊の方が、外食、買い食いより
経済的だと思います。栄養もあるしね。
バランス良く食べて、免疫力アップ!
医療費は削減!家内安全、学力アップ!
ちゃんと食べて、メンタルも安定!

みなさまのシアワセを薄口醤油の瓶の陰から、
お祈りしています☆☆☆
[PR]
# by memetam | 2008-03-25 09:04 | とりあえずやってみる

皮をむく

皮をむくのは、めんどうくさいです。
皮むき器(ピーラー)でもいいのですが、
つぎのように対処すると簡単です。

器具<
ワイヤータワシ(粗目)
 皮むき用に専用にします。

にんじん、ごぼう、れんこんはコレでオッケー。
じゃがいも、は、芽のところだけ、あとで包丁で取り除いてくださいね。
皮の下が緑になっていたら、包丁でむきます。
小さい、新じゃがなんかは、多少皮がついていても平気です。
[PR]
# by memetam | 2008-02-26 13:01 | とりあえずやってみる

ゆでたまご

ゆでたまご、を作りましょう。

材料<
たまご

作り方<
お鍋に水を入れて、
たまごを入れます。
お水のうちに入れます。

火をつけて、
沸騰したら、中火におとし、
半熟なら、その段階から、5分ぐらい、
8分ぐらいだと、やさしいかたゆで、
10分以上だと、がっちりかたゆで、
になります。

たまごの大きさ、沸騰するまでの時間にも
よるので、そこは、誤差。

ときどき、たまごをひっくりかえすと
むらがなくできます。

ゆであがったら、すぐ、おみずに入れると
皮がむきやすいです。
皮をむくとき、たまご全体にひびをいれて、
うすかわといっしょにむくと、
はやく、きれいにむけます。

わさびじょうゆ、
のりとおしょうゆ、
マヨネーズとこしょう、
塩とオリーブオイル、
バジルソース、
ローズマリーと塩、
ちょっと味を加えると、
ちいさなひとさらになりますね。
[PR]
# by memetam | 2008-02-13 09:57 | とりあえずやってみる

おでんの甘みそ

こんにゃくやさといもをゆでて、
甘みそをつけて食べる、みそおでん。
その甘みそを作ってみましょう。
私は赤みそで作りますが、
赤みそがなければ、白みそでもいいと思います。
ただし、白みそは、甘いの塩からいのといろいろありますから、
味を見ながらかげんするのがいいですね。

材料<
赤みそ
さとう
みりん
かつおだしの余り(あれば)
ゆず(あれば)

作り方<
まず、ちょっとだけ作るか、
多めに作ってとっておくことにするかを決めます。
ちょっとだけのときは、最初のお水が少なく、
多めに作っておくときは、お水が多くなります。
(かつおだしが余っていれば、お水のかわりにつかいます)

小ぶりのお鍋の底から5ミリぐらいのお水を入れて火にかけます。
そこにみりんを入れて、それからお味噌を入れて溶かします。
火をいったん止めておいたほうが焦げなくて無難です。

このとき、お味噌は、みりんとお水と混ぜたときに
とろおりとするぐらい入れます。
カスタードソースとか、チョコレートを溶かしたぐらいの
やわらかい感じです。

味をみます。
お味噌の味によりけりですが、
かなり塩からいと思いますので、
ごく弱火にかけて、
お好みの味になるまで、お砂糖を入れます。

お砂糖がとけて、お好みの味になったら
できあがり。入れすぎたなあと思ったら
お味噌を少しいれて調節します。
ゆずの皮があったら、ちょっと入れると上出来です。

ポイントは焦がさないこと。
心配だと思ったら、火を止める、火からおろす、などしてしまえば、
時間をたっぷりかけてもだいじょうぶですね。

余ったら、他の和え物に使えますし、ビンに入れて
保存しておいても便利です。
[PR]
# by memetam | 2008-01-30 16:33 | 調味料

新タマネギと鶏のそぼろ煮

少し早いかな、と思うけれど、
もう、八百屋さんの店先は春のきざし。
やわらかい新タマネギが登場しています。

じゃがいもとタマネギと鶏のそぼろで
煮物を作ってみました。
煮物はなれないと難しそうですが、
新タマネギも鶏のひき肉も火が通りやすいですし、
じゃがいもは、ごろごろと切らずに、
1センチから2センチぐらいに薄く切ると
火が早く通ります。

材料<
じゃがいも
新タマネギ(ふつうのでもいいです)
鶏のひき肉
薄口しょうゆ
みりん
濃口しょうゆ
かつおぶし
片栗粉(めんどうならいいです)

作り方<
お鍋に底から1センチぐらい水を入れ、
煮たってきたら、
そこにかつおぶしをひとつまみ入れます。
一呼吸おいてかつおぶしをお箸で取り出します。
すこしぐらいお鍋に残っていてもだいじょうぶです。

そこに、みりんをほんのり甘くなるまで入れ、
鶏のひき肉を入れます。
(濃い味の人はここでお砂糖すこしプラスします)
いったん火を止めてもいいので
ぐるぐるかきまぜて、ひき肉をばらばらにします。
火をつけて、タマネギとじゃがいもを入れます。
ここでひとこきゅう待ちます。

薄口しょうゆを好きな味になるまで
入れます。入れすぎよりは足りないぐらいで。
蓋をして放置。
濃口しょうゆを少し足してできあがりです。
ちんげんさいとか、いんげんとか
緑の野菜も少し入れるときれいです。

味を見て、できました。

余裕があったら片栗粉ティースプーン一杯ぐらいを
ショットグラス1パイ分ぐらいの水で溶いて
硬さを見ながらぐるぐるかき回してお鍋に入れると
おつゆがからまって薄味でも食べられます。

片栗粉はじゃがいもデンプンですから、
お鍋に入れてからデンプンがα化するまで
少しの間火にかけておきましょう。
[PR]
# by memetam | 2008-01-27 19:08 | 煮物2  薄味系