煮びたしの応用 冷めた天ぷらをおいしくたべる

買ってきた天ぷらは、帰り道で冷めてしまいますね。
煮びたしのやり方で、温めて、天丼のアタマにしてしまいましょう。
(煮びたしのやり方=味の付いたダシのなかに、煮えやすい材料を入れる)

材料
 天ぷら
 めんつゆ
 
作り方
 鍋に水を1センチぐらい入れて、めんつゆを入れる。
 めんつゆはストレートで使うもの、薄めるもの、といろいろあるので
 よく確かめてください。煮びたしより、濃いめの味に調整。

 めんつゆがないときは、
  鍋にお水を1センチ入れる。煮立ったら、かつをぶしを入れる。
  みりんをカレーのスプーンで、2杯ほどいれる。
  しばらく待ってお醤油をみりんよりやや少なめに入れて味を見る。
  お好みの味になるまでお醤油を足す。
  かつをぶしをとりだす。
  (とりだすタイミングはふつうのやり方より遅いです)
  お砂糖を入れたいと思う方もいるかも知れません。
  入れるときは、みりんに少し足す形で、小さじに半分ほど入れてみてください。

 煮たってきたら、天ぷらを入れて、しばらく待って火を止める。
 むりにひっくり返さなくても、あとで余った煮汁をかければいいです。

 できました。
 ごはんにのせて食べてくださいね。
 
[PR]
by memetam | 2006-03-05 10:25 | 煮物1 煮びたし〜丼へ


<< 煮びたしの応用 玉子丼ぶり 煮びたし >>